haskell-ide-engine を使ってみて


ここ数日 haskell-ide-engine(HIE) 試してみてます。これは、Haskell による開発をサポートするさまざなツールを統合して Language Server Protocol によって扱えるようにしようというものです。

まず、私の場合 Windows 上では GHC 8.2.2 でのビルドしか成功できてません。GHC 自体なにかと Windows では切ないのでこれはちょっと諦めています。

HIE を使うための Visual Studio Code の機能拡張「Haskell Language Server」のページをみると、GHC 8.0.2 にしか対応していないようなことが書いてありますが、これは HIE が ghc-mod を使用しているからであり、ghc-mod が GHC 8.0.2 までしか対応していないからだと思います。つまり、Visual Studio Code に限らず HIE を使うならば GHC 8.0.2 までということになると思います。

コードフォーマットは、Visual Studio Code 上ではちょっと動きが怪しかったです。なぜかフォーマットするたびに末尾に空行が1行ずつ追加されていきました。ちなみに HIE のコードフォーマット機能には brittany が使われているようです。

Leave a Comment